星の形をした砂を鑑賞できる星砂の浜

本記事では、星の形をした砂である「星の砂」がたくさんある『星砂の浜』と、その周辺で催されているクルーズなどについてご紹介いたします。

『星砂の浜』には星の形をした砂がたくさんあります。

『星砂の浜』とは、西表島の北端に位置する砂浜であり、名前の通り、星の形をした砂が多くあることが特徴です。
どうして星の形をした砂が密集しているかと申しますと、これらは原生動物の有孔虫の骨格が砂浜にうちあげられつづけることで形成されたと言われています。
どれももともとは生き物だっただけあって、砂粒のひとつひとつはとても個性的な形をしているので、手にとってゆっくりと観察してみてください。

『星砂の浜』の「星の砂」は小瓶につめたら幸運のお守りになります。

『星砂の浜』で採取できる「星の砂」は、幸運のお守りとしても親しまれています。
ですから、ただ単に「星の砂」を小瓶につめるだけでも『星砂の浜』をおとずれた思い出になりますし、おみやげとしても最適です。
「星の砂」を詰めるための小瓶は、現地でも調達できます。

遊覧ボートやカヤックで日本最大のマングローブ林を鑑賞する「仲間川ジャングルクルーズ」。

『星砂の浜』近辺にある仲間川では、「仲間川ジャングルクルーズ」が催されています。
「仲間川ジャングルクルーズ」とは、遊覧ボートやカヤックに乗り込んで、仲間川を横断して日本最大のマングローブ林を鑑賞するクルーズです。
遊覧ボートやカヤックがはじめての方や、子どもでも参加できるので、気軽に沖縄の雄大な自然を体感してみてください。

「水牛車」でお隣の由布島まで移動できます。

『星砂の浜』の近辺では、お隣の由布島と西表島をつなぐ海を渡る由布島「水牛車」が名物となっています。
由布島と西表島の間はたったの400メートルしかない上に、満潮でも1メートルほどの深さなので、「水牛車」ならば安心して移動できます。
海の上を歩く「水牛車」では、潮風をゆったりと感じながら、のんびり揺られて優雅に移動することが可能です。

海水浴やシュノーケリングで鮮やかなサンゴや熱帯魚を多く観賞できます。

『星砂の浜』の海はとても波がおだやかな上に、潜れば鮮やかなサンゴや熱帯魚を多く観賞できます。
具体的には、「チョウチョウウオ」や「ルリスズメダイ」などを観察できるので、ぜひ海水浴やシュノーケリングを楽しんでみてください。

『星砂の浜』でとれる「星の砂」は、小瓶に詰めれば幸運のお守りになるものなので、おとずれた際には、ぜひ忘れずにおみやげや思い出の品として採取してみてください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP