世界最古の遺跡の可能性がある与那国島海底遺跡

本記事では、未だ謎が多く、神秘的な美しさが特徴的な『与那国島海底遺跡』についてご紹介いたします。

『与那国島海底遺跡』は未だに謎が数多く残されている重要な観光資源です。

『与那国島海底遺跡』とは、数十年前に、『与那国島』で発見された重要な観光資源です。
海の底にダイビングすることで、数多くのダイバーたちがそのすがたを鑑賞しています。
『与那国島海底遺跡』の随所には、人工的につくりだされた階段や隙間のような、さまざまな足跡が刻まれています。
しかし、未だ謎が数多く残されており、沖縄県では1992年以降の調査の結果、人が関与した痕跡があると断定できないことから、遺跡として未だ認定されてはいないものです。

『与那国島海底遺跡』が遺跡として認定されたら世界最古の古代遺跡ということになります。

『与那国島海底遺跡』が本当に遺跡であったとしたならば、その時点で約1万年以上も前に建造された世界最古の古代遺跡ということになります。
位置的に、氷河期あたりに海底に沈んでしまったものということになるからです。
そのため、はるかな過去に思いをはせて、1年を通して数多くの観光客がダイビングをして、その神秘的な『与那国島海底遺跡』のすがたを鑑賞しにやってきます。

『与那国島海底遺跡』には亀の甲羅をモチーフにした石が祀られているような場所があります。

『与那国島海底遺跡』には、亀の甲羅をモチーフにしたかのように見える亀石が存在します。
同時に、その周辺には、祭祀場の跡を思わせる巨石が安置された穴や、人工的に掘られたとしか思えない3つ並んだ穴。
台座のような岩の上に六角形の巨石が置いてある太陽のような石、人面そっくりの「立神岩」などが確認されています。
これらを統合すると、『与那国島海底遺跡』に住んでいた人間たちは、亀のような石を神様か、縁起物として祀りあがめていたすがたを感じることが可能です。

階段状の地形に囲まれていて、広大な平面に圧倒される「スタジアム」

『与那国島海底遺跡』の中央部から約300メートル東に進むと、通称「スタジアム」と呼ばれている広場が存在します。
水深30メートルから15メートルほどの高さがある上に、その広さは東西南北に向かって約100メートルも広がっているものです。

『与那国島海底遺跡』は未だに謎が解明されていない遺跡ですが、人工物にせよ、自然物にせよ、とても神秘的で美しいので、ぜひゆっくりと時間をかけてそのすがたを鑑賞してみてください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP