さまざまな沖縄の料理体験

一人旅だからこそ、同行者の意向とすり合わせる必要がなく、さまざまな体験教室に自由に参加できます。
本記事では、体験教室のひとつとして、「ちんすこう」、「黒糖」、「ラー油」の『料理体験』についてご紹介いたします。

沖縄県における伝統菓子のひとつである「ちんすこう」を作成できる『よみたん自然学校』。

『よみたん自然学校』では、沖縄県における伝統菓子のひとつである「ちんすこう」を手軽につくることが可能です。
自分でつくった「ちんすこう」をオーブンで焼き終わったら、そのままできたてのものを食べることができます。
また、体験教室が終わった後は、自宅でも「ちんすこう」がつくれるように、レシピを持ち帰ることができます。
90分で体験教室は終了するので、急に雨が強く降ってきた際など、予定を変更してできたスキマ時間に参加するためにも最適な体験教室です。

「黒糖」をつくるための工場見学と料理体験を楽しめる『沖縄黒糖』。

『沖縄黒糖』とは、「黒糖」をつくるための工場見学をおこないながら、料理体験もできる工房です。
料理体験では、煮詰めてトロトロになったサトウキビの汁をシーサーの型に流し込み、冷やしてかためることで黒糖を完成させます。
工場では、サトウキビを大きな機械でしぼるところからはじまり、実際に「黒糖」が製造されるまでの工程を見学可能です。
また、見学する工場はバリアフリー環境になっているので、あらゆる方が気軽に楽しめるつくりとなっています。

約30種類の素材を組み合わせて世界で自分だけの「石垣ラー油」をつくれる『手作り体験工房ゆんたく』。

『手作り体験工房ゆんたく』とは、世界で自分だけの「石垣ラー油」を作成できる工房です。
体験教室では、最終的に2本分のラー油を作成できるために、ひとつは自分用に使用して、もうひとつは家族や友人へのおみやげにすることも可能です。
ラー油に使用する素材は、地元石垣島や八重山でとれるものを中心として、ローストガーリックや粉唐辛子などの約30種類のなかから好みのものを選択して配合していきます。
また、無料で登録できるマイレシピを申し込むことで、1年間はまったく同じ「石垣ラー油」を本土の自宅に取り寄せられるサービスを実施しています。

一人旅で沖縄旅行に向かっている最中は、一人だからこそ気軽に参加できる体験教室を堪能してみることをおすすめします。
一人でも楽しめる体験教室として、『料理体験』に興味がある方はぜひ参加してみてください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP