グラスボートできれいな海を鑑賞できる川平湾

『川平湾』とは、石垣島の市街地から約40分程度、自動車に乗れば到達できる海で、景勝地として観光客にとても人気が高いです。
本記事では、そんな『川平湾』で楽しめるさまざまなツアーなどについてご紹介いたします。

『川平湾』では舟底がガラス張りになっている「グラスボート」で海のなかを鑑賞できます。

『川平湾』は原則、遊泳が一切禁止されていますが、「グラスボート」を利用することで、水中の美しいサンゴや熱帯魚を観賞することが可能となります。
「グラスボート」とは、名前の通り、ボードの中央部の船底がガラス張りになっているため、間近で海のなかを見ることができます。
『川平湾』で「グラスボート」を営業しているお店はたくさんありますが、いずれも営業時間は9時から17時までなので、注意が必要です。
ただし、「グラスボート」はだいたい15分に1回ほどのペースで出港しているため、どんなに混んでいてもそれほど待たされることはありません。

『川平湾』に浮かぶ無人島を探索するためのツアーが催されています。

『川平湾』には9つの無人島が浮かんでおり、これらの無人島に上陸してガイドさんとともに探索するツアーが存在します。
無人島の多くはほとんど手づかずで、ありのままの自然がそのまま残っており、日本の本土では見られないうっそうと茂ったマングローブの生のすがたなども鑑賞可能です。
ただし、ツアーはいずれも半日程度の時間がかかるので、時間に余裕がある時に参加しましょう。
また、潮の満ち引きで島の周囲の水位が大きく変わるので、波の変化には注意しましょう。

遊泳禁止の『川平湾』に直接入るためにはシュノーケリングを楽しめるツアーに参加しましょう。

『川平湾』に浮かぶ無人島の周囲をカヤックで一周した後、そのまま無人島に上陸して、シュノーケリングを楽しめるツアーも存在します。
『川平湾』は原則的に遊泳が禁止されているため、このようなツアーに参加しなければ、直接海のなかに入ることは不可能です。
『川平湾』の水質はとてもきれいなため、水中には数えきれないほどの美しいサンゴと熱帯魚がたくさん生息していますが、シュノーケリングならば「グラスボート」以上にそれらを間近で鑑賞できます。

『川平湾』では、そこにある美しい自然を堪能するための「グラスボート」やシュノーケリングなどのツアーがたくさんあります。
複数人で『川平湾』の自然を鑑賞するツアーなので、一人旅を楽しんでいる方も気軽に参加を検討してみてください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP